相手に合わせて関わり方を変える

相手に合わせて接し方は変えていい。

コミュニケーションに関する心理学を学ぶと分かります。
人によって態度を変えるなという話があります。
表面で受けとめると、関わり方を間違えます。

「相手によって態度を変えるな」という理由は、相手によってより好みをして
関わるなということです。誰に対しても関係性を築くコミュニケーションを取る。
もしくは、最低限度マイナスのコミュニケーションは取らないことが大切です。

コミュニケーションの上手な人は、関わり方が絶妙です。
相手に合わせて変わります。どう変わるかというと、
相手の傾向に合わせて、柔軟に変化します。
柔軟に変化する力があると、信頼関係を築きやすいのです。

どうして、相手に合わせてコミュニケーションのとり方を変えると、
信頼関係を築きやすいのでしょうか?理由は心地よさです。

NLPでは、信頼関係を築くためにマッチングすることが大切だと教わります。
マッチングとは、相手の話し方、リズム、スピード、姿勢、言葉、抑揚、
価値観を合わせることです。そして、これらは人によって異なります。

相手によりコミュニケーションのとり方が変えるのは、相手に合わせることです。
相手に合わせると、自然に話し方が変わります。早い話し方、ゆっくりな話し方など、
人によって違うからです。

ですので、相手を理解するという姿勢を持ってNLPのマッチングをします、
すると、信頼関係を築きやすくなります。コミュニケーションに関する
心理学を学んでいると、さらにスムーズに信頼関係を築くことができます。

関わり方で相手の反応が変わる

あなた次第で相手の反応が変わります。

相手の反応がコミュニケーションの成果である」という言葉があります。
あなたがどういうコミュニケーションを取ったかで相手の反応が変わります。
例えば、あなたが伝えたいメッセージの意図が伝わっていない、
何か誤解を招いているという時、そこには原因があります。

ここでまず大切なこと。それは、あなたのコミュニケーションに責任の持つことです。
コミュニケーションがっ上手な人は、相手があなたの話を理解していないからといって、
相手を否定することはありません。「ああ、伝わらないのは自分の伝え方の問題だな」と考えます。

相手の反応が自分のコミュニケーションの成果である」という言葉は、
NLP心理学から来ています。NLPはコミュニケーションにおける心理面も学べます。
ただ、ここでお伝えしたいのは別のことです。

NLPの「相手の反応が自分のコミュニケーションの成果である」
ここから学ぶべきことは、あなたの関わり方です。

関わり方・アプローチ・第一声で相手の反応が変わります。
第一印象は大切ですが、アプローチや第一声も同じくらい大切です。
第一印象とイコールです。

あなたが明るく話せば、相手も明るく反応します。
あなたが固く挨拶すれば相手も固く挨拶します。
あなたが優しく話しかければ、相手も優しく話をしてくれます。

コミュニケーション心理学は大切です。
それ以上に、あなたが関わり方を変えることであきらかに
相手の反応が変わるということが重要です。
そこから、コミュニケーションが円滑になります。

あなたは、アプローと・第一声でどうか関わりますか?

相手を理解するという姿勢が一番大事

コミュニケーションでもっとも大切なことは姿勢です。

あなたの姿勢が相手の反応を変えます。
あなたの姿勢が信頼関係につながります。
あなたの姿勢が、コミュニケーションの質を変えます。

コミュニケーションと心理学の関係は深いです。
NLPでは、コミュニケーションおける人間心理も学べます。
人がどのような時に、どういう気持になるのかを知ることは有意義です。

例えば、相手が自分に対して信頼の気持ちを抱いてくれるとき、
相手の心や頭の中で何が起きているのか?
どんな気持ちになるから、信頼が生まれるのか?
それを知ることで、具体的に何をしたらいいかが見えてきます。

そして、NLPやコミュニケーションセミナーなどでは、
優れたコミュニケーションスキルを学べます。しかし、一つの問題があります。

それはスキルに偏ることです。
ただ、スキルを使うだけならいいのですが、スキルに思考が囚われてしまうことです。
具体的には、コミュニケーションにおいて、人の気持の傾向や自分のタイプなどを知り、
それに基づいてコミュニケーションを取るものがあります。

実は、適切に使うと素晴らしいコミュニケーションツールです。
しかし、この人は◯◯タイプだから、私は◯◯タイプだから。
これをやるとおしまいです。

枠にはまって、◯◯タイプの人がよくわからないとなると危険です。
一番大事なのは、相手を理解する姿勢です。

心理学は大切ですが、コミュニケーションでもっとも価値のあることは
相手を理解しようとすることと、理解しようとすることであたり前に大切な
質問・傾聴・尊重を行ないます。

ただそれだけで、コミュニケーション能力は高まります。
傾聴のように、相手自身や話を理解する気持ちを持ちましょう。

話を具体的にしていく言葉

コミュニケーションで使えるNLPのスキルをご紹介します。

メタモデルという質問のスキルです。
メタモデルは、曖昧なものを具体的にしていく為に、
とても有効な質問を教えてくれます。

例えば、
「私は愛されていない」
「私に能力がない」
「私なんて世の中に必要とされていない」

など、少し否定的に考え込んだことや、
落ち込んでしまったことはありませんか?

そんな時にNLPのメタモデルを使うと、
否定的な考えを改善するきっかけを得ることができることは多々あります。

例えば、「私には能力がない」という否定的な想いを取り上げましょう。
コミュニケーションの中で、その人に対してNLPのメタモデルを
使うとこうなります。

「コミュニケーション能力がないって本当なの?」
「コミュニケーション能力がないって誰が決めたの?」

というような質問をしていきます。
他にも、どうしてそう考えたの?何がそう思わせたの?
何がきっかけなの?などの質問も使えます。

どうしてコミュニケーションの中でNLPのメタモデルを使うのか?
ということですが、話の内容を具体的にすることができるからです。

例えば、「自分には能力がない」という言葉は、
ある程度、具体的な事実を言い当てているかのように見えますが、
それは本人が自ら思い込んでいるものや、第3者から植え込まれた
ものである場合が多いです。

ですので、コミュニケーションの中でNLPのメタモデルを」使って、
事実かどうかが曖昧なものを具体的にしながら、
思い込みか事実かを明確に認識する必要があります。

その結果、マイナスの思い込みを手放して、
新しい思考や感情で行動することが出来ます。

マイナスの思い込みを手放した後は、
心が充足した感覚を得る方も多くいらっしゃます。
それを可能にするコミュニケーションのスキルが
NLPのメタモデルです。

人の可能性を引き出すコミュニケーション

コミュニケーションセミナーやメタ言語ん心理学などでは、
会話やコミュニケーションにおける様々な学びを得ることができます。

その中には、「質問力」というものも出てきます。
もしも、あなたが質問力を高めることができると、
人の可能性を引き出すことができます。

ひとつの例ですが、コミュニケーションセミナーやNLP心理学を
学んで教えているトレーナーさんが、クライアントさんとのやりとりで、
次のようなことを実感しているそうです。

1、既に結果を出している経営者さんが、
 さらに能力を引き出して結果を出していく姿

2、責任感が強くて自分を追い込んでしまう管理職の女性が、
  自分やまわりの仲間(部下)のことを信頼出来るように変化する様

3、自分には厳しいなと、少しネガティブになってふさぎこんでいた若者が、
  大丈夫だからまずは一歩踏み出してみようと、前に進みだした場面

4、気持ちがいっぱいいっぱいで何をしていいか分かない位に、
 頭が真っ白になった男性や女性が、今できることやしっかりと学んで
 取り組んできたことを整理して、何をすればいいかが分かった瞬間
 (当然その後は。それぞれのペースで行動しているそうです)

実は、コミュニケーションの中で、このような状態に切り替わっていったそうです。

共通しているのは、「気付き」と「整理」です。

それは、コミュニケーションにおける質問から生まれていくそうです。
今回お伝えしたいことは、あなたが質問力を身につけることで、
あなた自身だけでなく。人の可能性を引き出せることができる
ようになるということです。

コミュニケーションの中で大切な人が切り替わる姿は、
とても有意義で嬉しいものです。

相手の心理は身体に出ている

コミュニケーションにおいて、相手の反応は、
その時その時でまちまちです。同じ人との
コミュニケーションを取っていても、

・今日は期限がよさそう
・今日は、あまり話しかけないほうがよさそう
・一人にさせてあげたほうがいいかな

など、何かしら感じるものが違うはずです。

また、いつもと違う理由は、
・体調が良くない
・忙しくていっぱいいっぱい
・悩んでいる
・怒っている

など、理由は様々です。

では、もしも、的確に、相手の心理状態を捉えることが
できるようになったとしたらいかがでしょうか?

とても重要なことです。
相手の状態や相手の心理状態の変化に気づくことが
出来るようになったとしたら、今まで以上に、
相手を大切にすること、理解すること、ケアすること、
助けることが出来るようになります。

では、その為にどうしたら良いのでしょうか?
実は、とても有効なコミュニケーションの方法が存在します。

それは、コミュニケーションスキルとしても有名な、
NLPのキャリブレーションです。

NLPのキャリブレーションとは、コミュニケーションにおいて、
相手のことを観察しながら、状態・変化などに気づく方法です。

目で見て、耳で聞いて、コミュニケーションを取りながら感じる
という方法で、相手を観察します。

ところで、どうしてNLPのキャリブレーションは有効なのか?
と聞かれます。それには、こう答えることができます。

人の心理状態や心理状態の変化は、言葉以外に出ているから。
表情・態度・声・話し方・雰囲気・仕草や姿勢などに出ているのです。

次回は、NLPのキャリブレーションについてお伝えしていきます。

人間関係を築くコミュニケーション

あなたの人生を豊かにするコミュニケーション

とうのは、どのようなコミュニケーションでしょうか?
それは、人間関係を育むコミュニケーションです。

具体的には、次のようなステップを踏んでいきます。

1、信頼関係を築く
2、信頼関係を深く築く
3、人間関係を築く
4、人間関係を育む

実は、とても大切なことがあります。
それは、信頼関係と人間関係は別物であるということです。

信頼関係は信用や信頼です。

信用はしていても、人間関係は築けているとは限りませんが、
人間関係を築けている者同士は、信頼しあっています。

お伝えしたいのは、どうしたら人間関係を築くことができるのか?
ということです。その為に必要なことは、次の2つです。

1、接触回数
2、インパクト(内容)

このの両方が大切です。
もしも、人間関係を築くことが苦手という方は、この考え方を
知っているだけで、コミュニケーションが変わります。

いくら濃密なコミュニケーションをとり、その場では、
人に話せないような会話をして、心を開き合っていても、
その後、全然連絡を取り合っていない場合は、発展しません。

それは、接触回数が少ないからです。

次に、インパクト(内容)です。これは、コミュニケーションに
おける内容です。どのようなコミュニケーションを取っているか>
つまり、相手の印象にの頃ことが大切です。

できれば、相手の感情に残る何かがベストです。
・相手の心が喜んだり、感動したり、嬉しかったり、楽しかったり、
 話しやすいなと思ったり、いい表情を引き出したり、など
 肯定的な感情にしている状態です。

そのような中身のある接触の回数が、人間関係をは含みます。
そして、あなたなりのスタイルを築くことができれば、
コミュニケーションはより楽しくなっていきます。

メンタル面もコミュニケーションに影響している

実は、あなたの心理状態もコミュニケーションに影響しています。

コミュニケーションに関するスキルを身に着けても、
内面的に自信が持てない時があるかもしれません。

そんな時は、せっかく学んだコミュニケーションスキルも、
役立てることができなくなります。

具体的な状況をお伝えしていきます。

・仕事上ではコミュニケーションが得意でも、
 男女関係では自信が持てない。

・どんな時でも、コミュニケーションに関しては自信を持っているのに、
 父親を前にすると、萎縮して上手く話せなくなる

いかがでしょうか?

この2つのケースでは、何が起きていると思いますか?

心理学を学んでいくと、不安や恐れを感じている時には、
心理的な葛藤が生まれていることを学ぶことができます。

それは不安や怖れと、それを抑えようとしている気持ちの
綱引きかもしれません。あるいは、異性の前で、自分をよく
見せたいという気持ちと、本当は自信がないという気持ちの
中で綱引きをしているかもしれません。

それが葛藤をしている状態です。

では、どうしたらいいのでしょうか?

スキルを学んで、日常のコミュニケーションに対する自信をつける。
ということでは解決できないのであれば、心理的な要因です。

そこでできるのは、心理的な葛藤を生み出している原因を
取り除くことです。それは、マイナスのイメージの改善かもしれませんし、
ものの見方、捉え方、感じ方をかえることが必要かもしれません。

しかし、そこをクリアしていくことで、人間関係や
コミュニケーション能力は、より良くなります。

うまくいかない理由と上手くいく理由

心理学を学ぶことで、コミュニケーションが取りやすくなります。

これは何かといいますと、人が心や感情を動かす時、
行動をおこす時には、心理学的な理由があったからです。

そして、心や感情が動いたり、行動してしまう時、
プラスの変化とマイナスの変化があります。
ここが、コミュニケーションがうまくいく時
うまくいかない時の違いを生んでいます。

心理学を学ぶことで、コミュニケーションや
人間関係を変化させていけるということには、意味があるのです。

お伝えしたいことは、もしも、
コミュニケーション能力を高めたい
コミュニケーション能力を身につけたい
人間関係を改善したい

とお感じでしたら、心理学を学ぶことで可能です。

ただし、心理学といっても幅が広いですし、
コミュニケーションに関係する人間心理を学べる書籍が
たくさんありますので、何をしていいのかわかりにくいかもしれません。

もしも、基本を学ぶのであれば、コミュニケーションに関係する
書籍の中に優れた書籍がありますので、5冊くらい読んでみると
良いかもしれません。

そこには、うまくいかない理由や上手くいく理由がのっているはずです。
確かに、明確にのっているか載っていないかは、一概には言えませんが、
そこからヒントを得て次の学びに進むこともできます。

ですので、まずは目を向けて見ると良いかもしれません。

そして、コミュニケーションが苦手、どうしたら分からない
という方は、上手くいかない理由を知り、マイナスの結果を生む
コミュニケーションの方法を止めるだけでも、随分と変わってくるはずです。

人間心理を知ると

コミュニケーションに関して、もっと人のことを知りたい、
もっと相手のことを理解できるようになりたいと思いますか?

もしもそうでしたら、心理学などで、人間の心理を学ぶことが一番のベストです。
いろいろな物があります。様々な角度から学ぶことで、
人間関係の達人になることも出来ます。

ところで、人間心理を学んだら使い方には、注意しましょう。
覚えるほど、覚えたものを実践で使うほどに見について行きます。

無意識に相手に影響を与え過ぎたりすると大変です。
時差会いに悪い人ほど、人間心理をよく知っていて、匠に
露骨に大胆に、しかし緻密に使っています。

そして、騙される人が出てきます。
それくらいに強力なのです。

もしも、コミュニケーション能力を高めたいと
お考えでしたら、次のような視点を持つと良いかもしれません、

・しっかりと人間心理を学び込む

・適切に使う

では、人間心理を学ぶことで、
どのように活用することが出来るのでしょうか?

では、シンプルに少しだけポイントをお伝えしていきます。

・人は自分に似ている人へ安心感や親近感を持つ

・人は痛みを避けて、快楽を得るときに行動しやすい

・強烈な痛みに呈して、人は反応する

・自分の話を聞いてほしい、肯定してほしい

・価値観や考え方への共感や肯定が信頼を生む

・人には言えないような話を話した相手に心を許す

・感情を動かされると、行動しやすい

いかがでしょうか?
このような心理を知ることで、相手の喜びや
サポートのために使うことができます。

皆さんの環境や人間関係に置き換えて、気持よく使うとしたら、
どのような使い方ができますか?

そして、最終的には、それを意図的に使わないコミュニケーションを
身につけることが、よりよい人間関係を育んで行ったりします。

« Previous entries